2005年05月06日

ブーイングについて

何か連日のJRたたきが続く。

特に昨日あたりからボーリングと飲み会してた社員が袋たたきにあってる。
でも、これなんか違うんちゃうかなって思う。

確かに阪神大震災以来の体制になって会社としてはえらいことになってる。
そんな状況で普通に遊んだりボーリングすることは、確かにモラルが欠けてるといえばそうかもしれん。でもここまで話題にするべきことか。

記者会見の様子がよく映される。記者は「そんなとき玉ころがしっとたんかー」って言ってた。でもこれはワイドショー言ってることとかなり意味合いが違うと思う。

その部分の前後流す局と流さない局があるけど、前後を見たら印象が変わる。記者は単純に職員のモラルを追及するために質問してたんじゃないと思う。

「何人中何人が事実を知っていたか」「役職上の人物はその事実を知っていたか」。このような質問をすることは、このことがらから、JR内部の不透明さ、一体感のなさ、横のつながりの薄さを具体例をもって明るみにしようとしてたと思う(というかそう信じたい)

ただ単に連日職員のモラル違反ばかりについて言及するのはどうなんやろう。一次会どこでいくら使って、二次会どこ行っていくら使って、三次会・・・。それ追求して何が残る?社員に土下座でもさすか?んで何か解決するのか。

今はJRに対して何を言ってもメディアの勝ち。そんな状況やからこそ、こんなゴールの見えないことしてる場合ではないと思う。意味の分からんことで怒りをあおるだけ。と思ったり思わなかったり。



posted by かじゅき at 12:49| 京都 ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。