2005年05月07日

議論のすれ違いについて

JRの議論の続き。社員がボーリング行ったこととブーイングについて。このブーイングの本質は、『人命軽視』が問題か『上部の人間へ情報が伝わらないこと』が問題か。それとも他の部分で非難されているのか。

おいらの見解は、『上部の人間へ情報が伝わらないこと』が問題であって、ボーリングしても飲み屋行っても叩かれることじゃないと思う。これは議論のすれ違いだと思う。

んでこれを読んで欲しい。
http://rakudaj.seesaa.net/article/3130212.html

なかなか面白い話。かなり反響がある記事らしい。いろいろ考え方あるけどおいらの見解としてはやぱーりこれも議論のすれ違いが起こっている。

確かにピクニック行ったのに電車に座りたいおじいさんは間違ってる。(照らし合わせると事故を起こしたJRは確かに悪い)。しかし、それの非難の仕方がおかしい。

土日働くのも若者の勝手で、年金はまた全く別の問題(年金へ将来自分が貰うために払っているもので、ほんとに支えるだけなら年金じゃなくて直接投資すれば良い)。もっともらしく聞こえるけど議論がずれてる。

でも前提としておじいさんが悪いので、若者が正しく見える気がする。だからおいら達は一歩が明らかに劣勢に立っているときになされるブーイングの内容はしっかり吟味しなあかん。それは、ほんまに関係ある話なのか???これを問い続けることが大事。

いじめの原理よね。弱い人がケテーイしたら、後は何言ってもオケー。いじめる側が一致団結してるから。いじめられる側はもう平謝り。言い返しても無駄。それがまた新たなネタを作る。いじめっこ側に知らない間に回ってないかを日々確認していかな。
posted by かじゅき at 20:00| 京都 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。