2005年05月06日

ブーイングについて

何か連日のJRたたきが続く。

特に昨日あたりからボーリングと飲み会してた社員が袋たたきにあってる。
でも、これなんか違うんちゃうかなって思う。

確かに阪神大震災以来の体制になって会社としてはえらいことになってる。
そんな状況で普通に遊んだりボーリングすることは、確かにモラルが欠けてるといえばそうかもしれん。でもここまで話題にするべきことか。

記者会見の様子がよく映される。記者は「そんなとき玉ころがしっとたんかー」って言ってた。でもこれはワイドショー言ってることとかなり意味合いが違うと思う。

その部分の前後流す局と流さない局があるけど、前後を見たら印象が変わる。記者は単純に職員のモラルを追及するために質問してたんじゃないと思う。

「何人中何人が事実を知っていたか」「役職上の人物はその事実を知っていたか」。このような質問をすることは、このことがらから、JR内部の不透明さ、一体感のなさ、横のつながりの薄さを具体例をもって明るみにしようとしてたと思う(というかそう信じたい)

ただ単に連日職員のモラル違反ばかりについて言及するのはどうなんやろう。一次会どこでいくら使って、二次会どこ行っていくら使って、三次会・・・。それ追求して何が残る?社員に土下座でもさすか?んで何か解決するのか。

今はJRに対して何を言ってもメディアの勝ち。そんな状況やからこそ、こんなゴールの見えないことしてる場合ではないと思う。意味の分からんことで怒りをあおるだけ。と思ったり思わなかったり。



posted by かじゅき at 12:49| 京都 ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あっ、デザイン変わってる!!

ボーリングは明らかに、おもしろがって報道してる気が・・・。
「大惨事って知っててボーリング・・・」っていうのが、すごいギャップ。被害に遭った方や、その知り合いの方には申し訳ないけど、一瞬笑うっていうか、ガクってなる。「それかよっ!」って。たぶん、メディアの人もそう思ったからニュースで延々と流すんやろうなー。
Posted by もも at 2005年05月06日 17:06
完全に『それかよおっ!!』って感じよなー。コメンテーターが毎度まじ切れしてんのあほらしくなってこないんかなって思う。

昨日は井筒監督とかホンジャマカの恵が「ぷんぷん」怒ってたし。

てかそんな何日もひっぱるネタじゃないよな。

てか、そんな隙間をぬってクジラネタも流行ってるし!!?(*°ρ°)どうなってんだーーーー
Posted by かずき at 2005年05月06日 20:01
会社が何か問題起こしてもその日出勤してない人が、その場で何か対応しようって思うほど、愛社精神のある人いるんかなぁ。役員レベルならわかるけど、しかもこんな厳しい勤務実態。
確かに遺族の立場では、ボーリングやら飲み会なんてとんでもない!て思うけど、もし自分が休みの日に、会社で何かあっても休日出勤するかなぁ。心配で気になるけど…
今回のことで、厳しい勤務実態などについては発覚して指摘されるのわかるけど。今までJRだけが悪いって思ってたけど、こーやって言われてみたら『ボーリング』に対して取り上げすぎな気がした。
Posted by at 2005年05月06日 22:04
うむ。あんだけ巨大企業やねんし、結構分業化してるやろうしな。

ちょっとずれるかもしれんけど警察とかが所轄違ったらまーーーーーったく動かないのと一緒だと思う。

なかなか小難しいねー。でも何しかここで社員叩いても何も出てこないってのは確かだと思う。

コメントありがとうさん(`・ω・´)ゝ
Posted by かずき at 2005年05月07日 02:10
ぜ〜ったいあれはJRたたきをおもしろがってるよな〜!
各メディア、毎日毎日どれだけ有効な、JRの叩きネタを探してくるかが勝負って感じ。もううんざりやわ。それよか、もっと解決策とかを報道していったらいいのに、穴ばっか広げようとしてる。。

しかも、それに目の当たりに影響される人もいるし。
先日もJR茨木駅で、おじいちゃんが怒鳴りながら、改札の駅員さんに怒りをぶつけてた。
「おまえらはゴルフしとんのかっ〜」ってほんま、大声で怒鳴りながら、突進してきてたわ!
怖かった〜。

駅員さんも偉いさんが、でてきてあやまってたけど。

こんなんばっか続けてて、進歩ないよ〜な気が・・。JR内定出た人とか、周りからむっちゃいわれるんやろうな・・かわいそうです。
Posted by みっち at 2005年05月07日 10:10
ブーイングについて、批判多しやな。
オレはいいと思う。やりすぎは禁物やけど。

今回の事件で発覚したことは、JR西日本が人命より利益を重視していたということ。早い、つながりがいい、を重視した結果、事故を生んでJR不信になった。

これって、なんかメディアの構図と似てる気がするねんなぁ。視聴率稼ぎに走った結果、やりすぎたり(この前のテレビ大阪みたいな)嘘がばれたりして信頼失う、みたいな。

まぁそれは良いとして、企業(メディアを含む)の体質って、他から言われな直らんやろ。(バッシングされても直らんとこあるけどw)

だから、人命を重視しない一例として、ボーリングやらなんやらを取り上げるのは良いと思う。他の管轄やから」と救助に行かないにしても、せめて自粛するべきやったと俺は思ってるし。あとで問題になるって思わんかったんかいなとも思う。

これって今すぐに何か出てくるものではない。出てきたら、企業の体質なんかとっくに変わってるやろしな。一つ一つ苦い経験として刻むことで、将来的に改善されることが重要やと思う。それを担ってるのがメディアやろうと思う。

と、メディアを誉めてみたけど・・・現状は明らかにやりすぎ。特にワイドショー。人あおりすぎ。JR伊丹駅でも、全く関係ないことでJRに文句言う人続出らしい。こういうのも取り上げてこそ、メディアちゃうかいな。「それは間違ってますよ」みたいな。今は人の味方になって一緒に文句言ってるだけ。

まとめてみると、ブーイングについては良いと思うけど、ワイドショーみたいなのは完全にあかんね。なんか国民代表きどりが多い。イメージアップとしか思えん。新聞は事実と文句と改善点を的確に言ってて、結構良い気がする。

ってか、記者の発言に対しての非難の声がおばちゃん連中で話題になってるらしいよ。あれって完全に編集の仕方よな。かずきっちゃんの言うとおり、前後流してるトコと流してないトコで、記者のイメージがだいぶ変わるもんな。
Posted by なおきち at 2005年05月07日 12:44
何かあの事件でJR内定辞退した人が続出したという噂を聞いたんやけどほんまなんかなー??もしそんな人が続出してるならそれはそれで意味わからん。

世間の流れってほんまにたまにわからん。今JRの人が何かした瞬間に叩かれるんやろうな。居酒屋もゴルフもボーリングもさぞ行きにくいことやろう。

あんなよくわからん穴探し大会やったけど、この事件で1つ進歩やと思ったのが、国土交通省が速度制限装置つけな運転再開させないと言ったことやなー。JRはつけなくても再開させてくれると踏んでたみたいやし。

でも、速度だけで全て解決するわけじゃないんやけどなー。
Posted by みっちへ at 2005年05月07日 19:29
確かにスピード重視の姿勢が今回の事件を生んだんやろうなー。でもそれは私鉄も同じやんなー。

JRは豊富な線路(敷地)とかいろんな資源があるから結果的に接続よくなるから私鉄に勝てただけよなー。

結局、このスピード合戦て終わらないと思う。だってJR5分遅れただけであんだけ切れる人がいるんやから。

片道1時間と1時間半やったらみんな1時間を取ると思う。

じゃあこのままで言いかと問われるとそうでもないとは思う。でしばらくは電車選ぶ基準に「安全」という変数は入ることはない。

でボーリングはやぱり違うと思う。議論がかみあってないと思う。人命軽視=ボーリングはちっと厳しい。ぎりぎり情報伝達の不備=ボーリングやと思う。

あの問題は、事件後にボーリング行ったことが問題なんじゃなくて、そこに居合わせた偉い人たちが事件のことを知らなかったことが問題と思う。

前後を取捨選択した結果だいぶ印象が変わるのは怖いことやね。新聞はインパクトがない代わりに考察とかに時間を使える。でもみんな(自分含め)の事件のイメージはテレビが基本になることは避けれないんよな・・・

まとめると、議論のすれ違いは俺は危険やと思う。でもすれ違ってるかどうかは個人によって捉え方が違うのも事実。やね
Posted by なおきちへ at 2005年05月07日 19:44
そうやな。人命を重視しない一例としての、ボーリングはちょい言いすぎかな。ご指摘ありがとう。ただ、偉い人たちがホンマに知らんかったんかな?って思う。奴ら隠し事多しで、どこまでがホンマかわからん。

メディアとしては善悪の構図を作りたいんよな。作りたいというか、それが一番やりやすいんよな。プロ野球問題の時も途中から本質がどっか飛んでいってもてたし。

忘れたらいかんのは、JR職員みんなが人命軽視してるわけではないってこと。人の命助けるために、線路に飛び込む職員もおった。その結果殉職したこともある。

こういうことまで、善悪の構図の中で消えていったら、なんか悲しい。
Posted by なおきち at 2005年05月07日 21:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3466894

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。