2004年08月04日

ケイタイによるプチ脱皮

「ケイタイ変えちゃいました〜(><)」「メアド変更登録よろしく〜☆」。今どきの女子高生はこんな感じにケイタイ、メアドを頻繁に変える。んで「こいつは残す。こいつは残さない」と友人関係の取捨選択を行う。これは女子高生が生まれ変わるための儀式のようだ。それは私たちが汚れた部屋をきれいに掃除した後の感覚に似ている。周辺をきれいに整頓して「明日からまた頑張ろう!!」といった感覚だと思う。これを『プチ脱皮』と呼ぶ。
「ぷち脱皮」  『ぷち脱皮3』

なぜ若者はケイタイを利用し、「プチ脱皮」するのであろうか。それはケイタイの普及によるコミュニケーション形態の変化に関係がある。
 
大人から見ると、ケイタイの普及は対人関係の衰退に見える。それは大人が対面的コミュニケーションの時代に生き、重点を置くからである。しかしケイタイの普及によって相対的に対面的コミュニケーションの比率は減ったが、あくまで相対的であり、対人関係が衰退したとは言いがたい。むしろケイタイの普及により対人関係は濃密になったといえる。
 ケイタイの普及により、若者は「いつでもどこでも他者と連絡を取れる権利」を得た。しかし一方で「いつでもどこでも他者と連絡を取らなければならない義務」が発生した。若者はケイタイの普及により、時間・空間的に貫通し、個人単位のコミュニケーション形態強要されるようになる。非形態世代にはそのことを理解できない。非携帯世代は時間・空間が制限される家電話や、年賀状・お歳暮のような家単位で定期的なメディアしか経験していないからである。
 
 しかしそのような苦痛がありながらも、若者はケイタイを捨てることをできない。ケイタイは既に深く生活に埋め込まれている。よって若者は時間・空間を貫通し、個人単位のコミュニケーションが要請される。日々友人とつながってること、友人が多いことを無意識に強制される。
 若者の一部はその強制的コミュニケーションの苦痛から逃れるために「プチ脱皮」をするのではないか。多くの人々は「プチ脱皮」する若者に対人関係の衰退と非難する。しかしそれは多くの人が強制的コミュニケーションに気づき始めているのではないか。だからこそ対人的コミュニケーションを守ろうとする。「プチ脱皮」する若者たちは、強制的コミュニケーション形態の苦痛に対する1つの対処方を示しているのではないか。
posted by かじゅき at 04:12| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
プチ脱皮ってネーミングおもしろいなぁ!確かに私も携帯なかったらすごい生活しずらい。携帯が一般的になってから年賀状の数は」年々減って今年はゼロになった。でも「あけおめ〜」ってmailがみんなからきて、私らの世代ではもう、日本の伝統は残ってるようで残ってないね。
マミーは昔、まだあんたらは携帯もたんでもいいとかいう非携帯世代やったけど最近は毎日mailして私らの世代型に変化したはる。おばあちゃんですら「愛ちゃん写真撮るのどうしたらいいん?」っていう興味の示しよう。だから非携帯世代でも若者のコミュニケーション携帯を理解できてる人もいるよ。ってかむしろ理解しようとしてる人が増えてきてるかも。これも時代の変化かな〜。初反論しちゃいまちた☆
けど連絡とりたくない人と切るためにメアド変えたりして強制的コミュニケーションから逃げるのは私もした事あるから一つの対処法ってのには同意するなり。
Posted by あい at 2004年08月04日 22:22
 うっかりかみついてきてますなー。生意気なぁ(笑)明日海に沈めるよ!!タイフーンがほんまに来てるらしいし行けないかもやけどなー。

 反論の反論。大人がケイタイに興味を増やすことは数年前に比べると増えてると思う。これは事実として認めるなり。
 でもここで疑問が残るのは大人が若者のコミュニケーション形態と一緒かっていう疑問。いくら大人がケイタイを使うようになっても、今だにコミュニケーション形態は非携帯世代やと思う。
 @時間・空間の感覚が異なる。大人はケイタイ使っても時間・空間を貫通するのは難しいと思う。Aプチ脱皮できひん。この2つはなかなか変わらないもんやと思う。

 まあこの論には反論も多かったわけですよ。みっちーと岡本さんあたりが猛反発って感じやったわ。
Posted by かじゅき at 2004年08月04日 23:34
ちょっとコメントしてみようと思いまっす!

最近、携帯機能がめっちゃすごくなってきてるっていうし、デジタルカメラ並の写真が撮れるようになってるよね!やから、携帯を買うけどすぐ解約する人が増えてきてるんやって(>_<)携帯っていう一つの媒体が多方面な媒体へと代わりつつあるんかなって思った。。携帯電話会社的には大変やと思う。機能が優れれば優れるほど新しいコミニケーションの仕方とかが生まれてるんよね。。
携帯電話が抱える問題ってほんま色々あるよね…
Posted by あつきー at 2004年08月08日 23:23
 携帯をデジカメ代わりにする人が増えているらしいねー。今んとこは「ダメージそんなないし対策にはでない」ってDOCOMOは言ってたけど今後どうなるかは見物やなー。変に値段上げると新規・機種変する人が減るし難しいね。
 
 ってかってか1つ疑問あり!!!機能が優れるほどコミュニケーションが多様化するんじゃなくて、コミュニケーションの多様化が機能アップを促進するという捉え方の方が良いかもしれん。携帯のデジカメ機能についていうとニーズがあったからここまでデジカメに近いレベルまできたんやと思う。
 ポケベルとかもそうっぽい。はじめはおっさんが工事現場で使うものやったんが、若者がポケベル使いだして「084−(おはよー)」とか打つようになって、文字が入力できるように変わっていったりした。

 1つの媒体が多方面に向かうっていうのはそうやなーって感じやな!!
 まぁいきなりだだこねてみた訳ですがこれに懲りずまた書き込んでなー。しばらくは難い話が続きますが。。。。
Posted by かじゅき at 2004年08月10日 03:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。